福岡合唱協会とはAbout fukuoka choral society

こんにちは“混声合唱団 福岡合唱協会”です。

福岡合唱協会は、1950年(昭和25年)石丸寛が率いる合唱団“福岡フィルハーモニック・ソサエティ”と高島貞充・徳永麟之助が率いる合唱団“コールオルフォイス”の二つの団体が「福岡の街に音楽の緑を植えよう」の掛け声とともに合併し発足しました。初代指揮者を石丸寛が務め、二代目指揮者を荒谷俊治、以降 藤井凡大、米倉美枝、平島邦央、岩﨑洋一 等々名だたる指揮者の指揮・指導を受け、現在は井上智子氏に指揮を託しています。

全日本合唱連盟福岡支部に加盟し、合唱祭やシニアコンサートその他の音楽祭にも参加しています。
現在は約70名規模の会員数で歌い、現代作曲家作品や古典などオーソドックスな曲を取りあげ練習しています。

創立以来約70年の歴史を持ち記念演奏会を控え、先輩諸氏の志(こころざし)を大切に胸に抱き歌を繋いでいきたいと活動しています。
これまでの名称は“福岡合唱協会”でしたが組織的な名称と受けとめられがちであり、“混声合唱団 福岡合唱協会”として活動内容を分かりやすく案内できるように名称変更を行ないました。

どうぞ皆様、ご見学・ご入会をお待ちしています。

MEMBER

  • 指 揮

    井上 智子

    井上 智子
    エリザベト音楽大学音楽学部音楽教育コース卒業。在学中に、ザビエル奨学賞受賞。同大学院音楽研究科 音楽学専攻指揮専修修了。指揮を小田野宏之、和田朋樹、ティモ・ヌオラネ各氏に師事。北海道オホーツク国際音楽セミナーにて、小林研一郎氏指揮法講座受講。オーストリア・ウィーン国際夏期音楽セミナーにおいてマーク・ストリンガー氏に師事し研鑚を積む。これまでに、西日本オペラ協会アクロス福岡ニューイヤーオペラ公演にて、モーツァルト「魔笛」「コシ・ファン・トゥッテ」の副指揮者を務める。2012年~2014年、古賀市「第九」演奏会を指揮。2015年には岡垣サンリーアイ主催・チャイコフスキー「くるみ割り人形」バレエ公演を指揮し好評を博す。近年、「福岡ジルベスタ―コンサート」や「サントリー1万人の第九」の合唱指導を務めている。現在、混声合唱団福岡合唱協会常任指揮者、岡垣ミューズ・オーケストラ指揮者。筑紫女学園大学人間科学部非常勤講師。
  • ピアノ

    山本 佳代子

    山本 佳代子
    梅光女学院高等学校音楽科卒業。愛知県立芸術大学音楽学部卒業。同大学院修士課程修了。リスト音楽院ディプロマ取得(ハンガリー)。1995読売新人音楽賞受賞。スルモナ第5回国際ピアノコンクールファイナリスト、リスト=バルトークピアノコンクール2位、特別賞受賞。グラーツ、ウィーン、ブダペスト、ローマで演奏会を行う。これまで、田村美矢子、故三宅洋一郎、大堀敦子、藤本真実、故ヘンリエッタ・ミルヴィス、ボト・レヘルの各氏に師事。2017年、エリー・アメリング&イェルク・デームス歌手とピアニストの為の歌曲マスタークラス修了。現在、福岡女学院高等学校音楽科常勤講師。混声合唱団福岡合唱協会、北九州音楽協会歌曲の会ピアニスト。